練習問題れんしゅうもんだい解答かいとうとヒント 16~30


練習問題れんしゅうもんだいれんしゅう)16~30の解説かいせつです。


問題もんだい16

問題16のヒント

歩で王手おうてをかけ、桂馬で歩をられてから2一銀らずでみます。
たれた歩を桂馬でることができるので、これは歩詰ふづめにはなりません。


問題もんだい17

問題17のヒント

香車で王手おうてをかければちです。
金をってまもられても、香車でればもう玉はげることができません。


問題もんだい18

問題18のヒント

一間龍いっけんりゅうです。うしろ(3一)から角で王手おうてをかけられると、玉はどこにもげられません。


問題もんだい19

問題19のヒント

王手おうて問題もんだいです。ちょうど相手あいての玉がげられなくなるようなところに角をると一手いってつことができます。

これ以外いがいでも王手おうてをかけつづけることはできますが、つのはむずかしいです。


問題もんだい20

問題20のヒント

邪魔じゃまこまうごかす問題もんだいです。8三の歩がなければ金をっててそうなので、歩をどかすために桂馬をちます。

歩でれば8三金でみ、8二にげれば7二金でみます。


問題もんだい21

問題21のヒント

中飛車なかびしゃ序盤じょばんることがあるかもしれません。
相手あいての角をってりながら飛車で王手おうて…としたくなるかもしれませんが、もっとがあります。


問題もんだい22

問題22のヒント

よくある場面ばめんです。銀で王手おうてをかけるとられてしまうので金で王手おうてをかけたくなるかもしれませんが、そうするとげられてしまいます。


問題もんだい23

問題23のヒント

角をって王手おうてをかければ、ってもげてもつぎに7二への飛車ちで玉がほぼげられなくなります。

玉が角をらずに9二へげたときは、8二に飛車をつと角道かくみちまってげられてしまうので、とおくから王手おうてをかけるようにします。


問題もんだい24

問題24のヒント

すこしむずかしいですが、大事だいじ問題もんだいです。
まず桂馬を使つかって相手あいてこまをうまくうごかしてから角で王手おうてをかけます。

問題24のヒント2

最後さいごに金を場所ばしょつくるのがコツです。

問題24のヒント3

一手目いってめに桂馬をてたようにおもってしまうかもしれませんが、8三に金をってむための大事だいじ一手いってでした。


問題もんだい25

問題25のヒント

とても大事だいじ一間龍いっけんりゅう問題もんだいです。
まず金をてて玉をうごかします

問題25のヒント2

もう一度いちど一間龍いっけんりゅうかたちつくります。

問題25のヒント3

あとは銀をって飛車でっていけばちです。


問題もんだい26

問題26のヒント

まもりがかたそうにえてめてよいのかまよいそうですが、飛車をってうまく王手おうてつづけていけばてます。

つぎに歩がったとき、王手おうてになっているところがポイントです。


問題もんだい27

問題27のヒント

まず飛車をります。

問題27のヒント2

玉はげると4三龍でむので同玉とるしかありません。

問題27のヒント3

あとは王手おうてつづけていけば自然しぜんてます

問題27のヒント4


問題もんだい28

問題28のヒント

金をって王手おうてをかければ銀でるしかありませんが、銀は真後まうしろに動けないので、飛車かと金で2二の桂馬をればみになります。


問題もんだい29

問題29のヒント

銀で王手おうてをかけます。

問題29のヒント2

飛車で金をります。

問題29のヒント3

桂馬で王手おうてをかけます。

同歩とればいたところ(2三)に金をってみます。

同銀とっても2二の香車を竜か銀成とってみです。


問題もんだい30

問題30のヒント

1二に飛車をちます。

3三へげると4三金打でむので同香か2二銀しかありません。

問題30のヒント2

まず香車でられた場合ばあい、3三に銀をちます。

ここで同桂なら4三に角をち・・・

問題30のヒント3

2二へげたところへ2一に金をってみます。

問題30のヒント4

3三の銀を同桂ではなく同玉とられたら、1一に角をち・・・

問題30のヒント5

4三に金をってみます。

問題30のヒント6

もし1二の飛車を2二銀でけられた場合ばあいはたとえば4三に金をってから・・・

問題30のヒント7

4二に角か金をち、同金を金でればちです。

問題30のヒント8

問題もんだい1~15の解答かいとう

問題もんだい31~40の解答かいとう